女性の使用による効果

プロペシアを1年続けたら費用はどの位かかる?

作用機序から考えても男性専用の薬となる

近年は、女性でも薄毛に悩んでいる人が増えてきていると言われています。それも、若い世代から薄毛が始まっている傾向にあります。

女性の男性型脱毛症は「FAGA」と呼ばれていて、「F」というのは女性を表す「Female」の事を指します。このように一般的にもFAGAが認識されるようになり、女性の間でも薄毛の問題を解決したいと考えている人が増えています。

では、FAGAの女性がプロペシアを使用した場合、男性と同じように抜け毛を抑制することが出来るのかと言えば、その答えは、残念ながら「ノー」です。

むしろ、女性の場合は、フィナステリドを服用すること自体が禁忌とされています。男性ホルモンやDHTは、女性が男の子を妊娠した時に体を作る上で必要不可欠だからです。

もしも妊娠中の女性がプロペシアを服用してしまうと、胎児の生殖器の奇形になってしまう危険性もあるという報告があります。その為、女性のFAGAを治療においてプロペシアが処方されることはありません。

また、FAGAの症状は、男性の場合とは異なり、完全に髪の毛がなくなってしまい頭皮が目立つようになるということはあまりなく、生え際自体は変わらず、頭頂部や前頭部の髪の毛が細くなります。

女性は男性よりも髪の毛の成長期間が長いということもあり、FAGAになっても髪の成長期間は、男性よりも長いので、そこまでひどく抜け落ちてしまうことは少ないのです。

女性の育毛にはミノキシジルが有効

もしも女性で、FAGAの治療を考えている場合、プロペシアを使用することはできませんが、育毛作用に優れているミノキシジル育毛剤を使用することは可能となっています。

ミノキシジルは、プロペシアとは異なっていて脱毛を抑制するものではなく、毛髪の成長期間を延長する働きに優れている成分として認識されています。ミノキシジルには、外用薬と内服薬がありますが、厚生労働省に認可されているのは、外用薬のミノキシジルです。

日本では、リアップレディースなどが販売されています。

こちらもミノキシジル製剤としてジェネリック薬品も複数販売されていますので、中長期に渡り育毛の為に使用したいと考えてるのであれば、うまく活用することでコストを抑えていくもに取り組むことができます。