育毛シャンプーに効果は期待できない

プロペシアを1年続けたら費用はどの位かかる?

大切なのは頭皮へ無害なシャンプーと洗い方

薄毛に悩んでいる場合、「シャンプーを変えれば改善されるかもしれない」と思い、育毛シャンプーなどを試してみた、または、試しているという場合も多いと思います。ですが、実際に効果が現れるのは、極めて稀ではないでしょうか。

育毛に有効と言われているシャンプーに変更して効果が現れたという情報も見かけることはありますが、それは、交換したタイミングで髪の毛や頭皮をしっかりとケアする習慣に切り替わっただけかもしれません。

そもそも、シャンプーの役割は頭皮(毛穴)の洗浄ですので、洗浄成分は、すすぎの時にほとんどが頭皮から洗い流されてしまいます。すすぎ残りは、髪の毛に良い成分とはならず、細菌が繁殖しやすい環境となり、頭皮環境が悪化してしまう場合もあります。

シャンプーを交換する事で髪の毛が増えるというのは、期待値ばかりで実際の効果は伴っていないかもしれません。

万全を期すという意味で、シャンプーを利用するのは良いと思いますが、そのシャンプーにすがる気持ちで取り組むよりは、プロペシアやジェネリックの使用により抜け毛の原因を抑える事の方が効果がはっきりしている事に変わり有りません。

育毛シャンプーとして販売されているものを実際に試してみた経験を踏まえても、髪にとって良い効果を実感した事はありません。むしろ、時には頭皮に発疹が現れ、毛穴の内側が炎症を起こして抜け毛に増えるというケースもありますので、シャンプーは、頭皮に害の無いものを選ぶ事が良いと思います。

また、シャンプーの成分云々よりも洗髪の仕方の方が重要だと思います。

頭皮は洗いすぎも良くありませんが、毛穴の詰まりは、内部で皮脂が増えてしまい、それをエサとする細菌の繁殖に繋がり発疹が出来る原因となる事がありますので、皮脂をしっかりと洗い出すように心がけ、十分にすすぐ事で毛穴がキレイになります。

乾燥肌ですと、あぶら汚れが少ないからと洗髪回数を減らしている場合があるかもしれませんが、皮脂が硬くなり毛穴を塞いでしまう事で頭皮環境が悪化する場合もあります。

シャンプーや洗髪の仕方は、それぞれのライフスタイルや体質によっても使い分けなければいけませんが、大切な事は、頭皮への悪影響が無く毛穴がつまる事が無いように適度に洗髪し、しっかりとすすぎを行う事ではないでしょうか。