ミノキシジルの併用

プロペシアを1年続けたら費用はどの位かかる?

ミノキシジルを併用すればより早く改善が期待できる

プロペシアと同様にAGA治療に有効な医薬品として利用者が増えているミノキシジルですが、プロペシアと異なるいくつかのポイントがあります。

  • 血行促進により育毛を促す働き
  • 内服薬と外用薬がある
  • 女性も使用する事が出来る

プロペシアは、AGAによるヘアサイクルの短縮化を改善し、本来のヘアサイクルに戻すことにより抜け毛を防ぐ事が出来ます。これは、DHTの生成を抑える事で可能となります。

一方のミノキシジルは、血行を促進する事により毛髪へと血液を送り込み、髪の成長を続けるように促すことで、年々細く弱くなってしまった髪の毛が再び太く長く成長するようになります。

また、内服薬はプロペシアとの併用も可能ですが、毛髪と同時に体毛も濃くなってしまうというデメリットがある為、外用薬として利用されるケースも増えています。内服薬だけでなく、外用薬としても利用できるという利便性があります。

日本で有名な育毛剤にリアップなどがありますが、これも外用薬のミノキシジル製剤の一つです。

プロペシアは、男性ホルモンの働きに関与するAGA治療薬なので、DHTの生産量が少ない女性が服用しても効果がありません。また、妊娠していて男児を身ごもっている場合は、生殖器の形成に悪影響をもたらす為、使用が禁忌とされています。

ですが、ミノキシジル製剤には、リアップレディース(リアップリジェンヌ)のように女性の使用に合わせて作られている医薬品もあります。

かつては、外用薬のミノキシジル製剤を使用した事により、頭皮に発疹が出来るというケースの報告も多くありましたが、これは、ミノキシジルそのものが原因ではなく、基材成分として使用されていたプロピレングリコールに対するアレルギー反応でした。

今は、アレルギーの原因となりうるプロピレングリコールを使用していないミノキシジル製剤も増えているので、頭皮に発疹が出来るリスクも低減しています。

プロペシアの使用だけでは心もとない場合、併用可能なミノキシジル製剤の利用するとより早く効果を実感できるようになるかもしれません。

また、プロペシアと同じように、ミノキシジルも海外からの個人輸入が可能でジェネリック医薬品もあるので、毎月の予算に合わせて無理ない範囲で継続できる製品を選びやすくなっています。