薄毛が好まれないとされる説

プロペシアを1年続けたら費用はどの位かかる?

社会的な意味合いも含まれるという説も・・・

全ての女性に共通しているものではありませんが、どのような男性と子孫を残したいかという本能に近い遺伝的な事を踏まえると、見た目の与える印象というのは、男性そのものに対する評価としても大きく影響しやすいものです。

特に日本の女性の間で傾向が強いという認識もあるようです。

ではなぜそのような認識があるのかと言えば、そこには、「自分の子供がその後の地球環境に適用していくことが出来るかどうか」について無意識のレベルで考えることがあり、それが、見た目の重要性に繋がっているという説があります。

女性が評価を高める男性の魅力として、「身長が高い(スタイルが良い)」「顔がカッコイイ」等がありますが、髪の毛がフサフサであるというのは、顔の容姿を決める大前提となってしまいます。

そうした見た目が「男らしさを表している」という事ではなく、地球環境(現代社会)の中で優位な存在にあるということが、本能的に「子孫を残したい」と思わせ、それが、見た目の評価に繋がっていくという考え方のようです。

つまり、見た目の直接的な良さだけではなく、それを兼ね備えていることで、社会的に生き抜く力が備わっているのかどうか。これを、子孫を残す条件として必要としている可能性から、薄毛や抜け毛を苦手と思う女性が居るという事になります。

ですので、見た目以外に自分に自信があり、社会的にも十分に通用するのであれば、 AGAを治療しなくても、女性からも評価されやすいという事も十分に考えられます。しかし、薄毛という事を気にしてしまい、自分に自信をなくしてしまう事で、他の魅力が見失われてしまうということも考えられます。

今の自分に十分な自信があるのであれば、AGA治療は不要かもしれませんが、その1点を改善することにより、自分に自信を取り戻すことが出来るのであれば、プロペシアの活用する事でマイナスとなる事は何も有りません。

女性の評価は社会の客観的な評価となる場合も多いので、それが全てでは無いと理解の上でも、自分の客観的な評価を改善する一つの方法としてAGA治療を活用することが出来ると思います。