フィナステリドの働き

プロペシアを1年続けたら費用はどの位かかる?

5αリダクターゼを抑制する働きがある

プロペシアの有効成分であるフィナステリド(フィナステライド)は、DHTの生産を抑えることができ、毛髪の早期脱毛を防ぐ働きに優れています。

DHTの生産を抑えるというのは、具体的には、5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンに影響を与えるのを防ぐというもので、「5αリダクターゼ阻害薬」とも呼ばれています。

フィナステリドは、AGA治療の前から前立腺肥大の治療薬として使われてきました。
服用していた患者の中から、「毛髪が増えた」という副作用が報告されて研究が進み、その結果、脱毛抑制に効果的であるということが判明し製品化されました。

臨床試験で効果も確認

プロペシアの専門情報サイト(MSD株式会社)によると、20歳から50歳の脱毛症以外は心身ともに健康な男性による臨床試験の結果では、プロペシア1mg(フィナステリド1mg)を用いることで以下のような改善が確認されています。

  • 1年間(二重盲検査):58%が改善、40%が維持
  • 2年間(オープン試験):68%が改善、31%が維持
  • 3年間(オープン試験):78%改善、20%が維持

1年間経過~3年間経過後の全ての服用期間において、「改善した」「現状維持だった」の占める割合が全体の98%以上をだったという結果報告があります。

最初の1年間は、プロペシアを利用するグループとプラセボ(偽薬)を利用するグループに分けて、どちらが本物かわからない状態で行われました。2年目以降は、オープン試験という形で利用者が自覚しながら、実際に効果があるのかを確認しています。

それによって、ある程度は「毛髪の脱毛抑制に効果的である」と認識があるかもしれませんが、1年毎の改善割合が10%ずつアップしているというのは、明らかな効果が伺えます。

しかも、使用により副作用で症状が悪化する事がほとんど無いという事からも、長期服用における不安点を解決してくれています。