偽物に関する注意喚起

プロペシアを1年続けたら費用はどの位かかる?

念のため注意しておく必要がある

個人輸入を利用する場合に注意しなければならないのは、偽造品が流通しているという実情です。これは、プロペシアに限った話ではなく、個人輸入出来る薬なら全てに共通している事です。

これらを確認するには、実際に届いた商品が効果的なのか、もしくは、外部の調査期間等を利用して検査した情報を掲載しているのかなどで判断する方法もありますが、何年も継続して医薬品の輸入代行をしている実績のある会社であれば、ある程度の信頼性はあると思います。

過信せずに常にリスクを考えておく姿勢も必要です。
実際に使用してみて、薬理作用とは異なる症状や強い副作用が起こった場合は、すぐに使用を中断しなければなりません。

特に、高価な製品ほど、輸入代行業者選びには慎重になる必要があります。

また、プロペシアに限っては、服用により初期脱毛が起こることもありますので、これが偽造品による副作用と誤解しない為にも、必要な知識を身に付けておく必要があります。

これは、一時的に抜け毛が増える症状ですが、後退期に入った毛穴に挟まっているだけの毛髪が新しい手が生える準備ができたことにより抜ける症状なので、この作用が起こった場合に限っては、偽物かどうかというのは異なる話になります。
>>詳しくは「プロペシアの効果の現れ方」で解説しています

個人輸入で薬を購入する場合、価格を安く購入出来るというメリットがありますが、こうしたリスクも理解して自己責任で利用するようにしてください。